ショップガイド

北欧. スタイル+1アンティカ とモダン.

TEL:075-708-7331

デザイナーズ家具から、日常使いの小物まで。
北欧とイギリスのヴィンテージアイテムを多数取り揃えているレトロモダンな家具インテリアショップ。ハンス・ウェグナーを中心とした北欧デザイナーから、英国G-PLAN、アーコールなど人気のアイテムが充実。40年以上愛され続ける”ロングライフデザイン”を今の暮らしのなかに提案します。

北欧. スタイル+1アンティカ とモダン

基本情報
フロア 3F
業態 ヴィンテージ家具・雑貨
TEL 075-708-7331
営業時間 10:30 ~ 20:30
URL http://www.antika.jp/

ショップニュース

ガラスキャビネット

2015年05月14日 更新

さて、今日はガラスキャビネットのご紹介です。

IMG_8980

ガラスの引き違い扉にガラスの棚板は繊細なイメージです。

IMG_9011

ガラス棚板も上下で固定されていて安心です。

IMG_9004

横から見ると、こんなにスレンダー!圧迫感もないです。

しかし、ボトムは安定感あるL型。

IMG_8993

脚には貫もあって、より丈夫に。

IMG_9010 IMG_8992

隠したいモノ・見せたくないモノはここへ収納できます。  取っ手もスマイルのようです。

IMG_9006

英国 TURNIDGE社のラベルも残ってます。

IMG_8985

お気に入りのガラスや陶器など飾ってみるのもいいですよね。

IMG_8995

後ろにミラーが施され、普段見えない後ろ部分まで映し出され、2倍楽しめます。

他にも腕時計やアクセサリーなど飾って、まるでお店の様にディスプレイしてもいいですね。

入れたものを輝かしく見せてくれる特別な空間になるキャビネットいかがでしょうか。

 

◆ガラスキャビネット/英国

サイズ : 幅 91 × 奥行き 42・25 × 高さ 133(cm)

本体価格:95,000円(税別)

 

他店&姉妹店舗

・大阪本店

大阪市北区梅田2-2-22 HERBIS PLAZA ENT3F

Tel&Fax:06-6344-1944

Mail:am@antika.jp

営業時間:11〜20時

 

・英国Style+1

大阪市北区梅田2-2-22 HERBIS PLAZA ENT3F

Tel&Fax:06-4796-6006

Mail:am@antika.jp

 

営業時間:11〜20時 北欧.Style+1 ANTIKAとモダン.京都店

〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101LAQUE四条烏丸 3F
TEL/FAX:075-708-7331  E-Mail:la@antika.jp
営業時間 : 11時 ~ 21時
HP:WWW.ANTIKA.JP
shop blog:http://kyoto.antika-shop.com/

デンマーク ブックシェルフ

2015年05月10日 更新

今日ご紹介するのは、1960年代デンマーク製 ブックシェルフです。

ついつい増えてしまう本の収納にお困りの方いかがでしょうか。

IMG_8939

高さの割に圧迫感を感じさせないデザインのヒミツは?

IMG_8951

上に行くほど奥行きが狭くなっているのが、おわかりいただけるかと思います。

この絶妙なサイズ変化が、圧迫感を解消してくれるのです。

しかし、最上段の奥行きは21cmなので十分。

本の収納にも困りませんね。

IMG_8957

棚板は、これだけの厚みなので、ある程度本を置いてもたわむことはないですね。

真鍮製の棚受けも丈夫です。

また、取り付け穴のピッチが細かくカットされているので、並べる本の高さに合わせてご使用になれます。

IMG_8971

棚板1枚に小さな穴があけられています。

照明のコードを通していたのでしょうか。

色々想像しながら使うのも楽しみのひとつですね。

ヴィンテージならではの楽しみ方です。

IMG_8949

下段には、奥行き43cmと安定感ある収納。

IMG_8962 IMG_8960

引き違い扉もスムーズです。

可動式棚板が1枚あるので、整理もしやすく、取り出しやすいですね。

IMG_8958

脚は2方向に貫が施され、丈夫な安心感。

しかも脚部は、取り外し可能。

搬入時、意外とこの脚の長さで苦労することもあるんです。

そんな心配もありません。

IMG_8940

本の収納だけではなく、飾り棚としても活躍してくれそうです。

幅広い用途でご使用いただけると思います。

 

◆ブックシェルフ/デンマーク

サイズ :幅 100  奥行き 45(21) 高さ182(cm)

本体価格:140,000円(税別)

他店&姉妹店舗

・大阪本店

大阪市北区梅田2-2-22 HERBIS PLAZA ENT3F

Tel&Fax:06-6344-1944

Mail:am@antika.jp

営業時間:11〜20時

 

・英国Style+1

大阪市北区梅田2-2-22 HERBIS PLAZA ENT3F

Tel&Fax:06-4796-6006

Mail:am@antika.jp

営業時間:11〜20時

北欧.Style+1 ANTIKAとモダン.京都店
〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101LAQUE四条烏丸 3F
TEL/FAX:075-708-7331  E-Mail:la@antika.jp
営業時間 : 11時 ~ 21時
HP:WWW.ANTIKA.JP
shop blog:http://kyoto.antika-shop.com/

Nathanネイサン ダイニング5点セット

2015年05月07日 更新

本日もダイニングセットをご紹介します。

英国 Nathanネイサン社の円形ダイニングテーブル5点セットです。

IMG_8468

スッキリとコンパクトに、チェアが天板より下に収まるデザイン。

IMG_8457

直径122cmと4名様ゆったり囲んでいただけるサイズです。

幕板までも天板と同様にラウンドさせることで、横から見た時にきれいなフォルムなのです。

 

そして、ただの円形テーブルではございません。

IMG_8458

天板をスライドさせると

IMG_8459

折りたたまれた中板を手前に広げ

IMG_8460

片手でもラクラク!! スムーズです。

IMG_8463

8〜10名様でご使用になれます。

IMG_8466

IMG_8465

天板の木目も少し濃淡があって個性的に。

IMG_8467

裏からみると、こんな感じに。

IMG_8492

ダイニングチェアは、当工房にて張り替え済み。もちろん中のウレタンも交換済みです。

カラーは、スモーキーピンクなので、お部屋を明るい印象にしてくれます。

IMG_8494 IMG_8498 IMG_8496

座面の形状が台形に。そして、前足が狭まったデザイン。

テーブル下に収めるため、お互いの角が当たらないように工夫されているのです。

機能優先させたので、座り心地は度外視されているのでは?と思われがちですが、いえいえ。

座り心地も申し分ありません。

 

 

◆Nathanネイサン社 円形ダイニング5点セット

テーブルサイズ:幅122・168 奥行き122 高さ75 (cm)

チェアサイズ :幅45 奥行き42 高さ71 座面高さ43 (cm)

5点セット価格:220,000 円(税別)

 

ダイニングセットの買い替えをお考えの方、新たに揃えたいという方には必見です。

比較検討していただけるように様々なダイニングセットを取り揃えております。

是非、店頭でご覧下さい。

 

 

他店&姉妹店舗

・大阪本店

大阪市北区梅田2-2-22 HERBIS PLAZA ENT3F

Tel&Fax:06-6344-1944

Mail:am@antika.jp

営業時間:11〜20時

 

・英国Style+1

大阪市北区梅田2-2-22 HERBIS PLAZA ENT3F

Tel&Fax:06-4796-6006

Mail:am@antika.jp

営業時間:11〜20時

 

 

北欧.Style+1 ANTIKAとモダン.京都店
〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101LAQUE四条烏丸 3F
TEL/FAX:075-708-7331  E-Mail:la@antika.jp
営業時間 : 11時 ~ 21時
HP:WWW.ANTIKA.JP
shop blog:http://kyoto.antika-shop.com/

ERCOL(アーコール)スクエアダイニング5点セット

2015年05月02日 更新

今日ご紹介するのは、当店の定番ダイニングセット。

ERCOL(アーコール)スクエアドロップリーフテーブル ダイニング5点セットです。

繝ゥ繝ウ繝輔z繝輔ぉ繧「

サイズ変化するテーブルは便利なので人気があります。

 IMG_8371

最小サイズ 幅62cm

コンパクトに お一人もしくはお二人でも充分なサイズ。

 

IMG_8372

片方広げると 幅93

ちょっと広めに使いたい時、壁付けにしてもちょうどよいサイズ。

 

 IMG_8375

両方広げると 幅124cm 奥行き113cm

正方形ではない微妙な比率が心地よい気がします。

最大6〜8名様でご使用になれます。

1IMG_8388

IMG_8380

四角いフォルムですが、一辺が緩やかな曲線でもあり、角の丸みが柔らかい印象になってます。

 

拡張する時は・・・

IMG_8378

天板下のバーを引っ張るだけで簡単。

このバーは、スチール製なので折れる心配も無く、丈夫で安心です。

下からのぞくとこんな感じです。

IMG_8381 閉じた状態

IMG_8383 開いた状態

 

IMG_8385

もちろんラベルもしっかり残ってます。

 

合わせるチェアは、人気のある【400キッチンチェア】。

IMG_8392

IMG_8397 IMG_8398

IMG_8399 IMG_8400

背もたれは、1本の木を蒸気で加工されたきれいなアーチ型。

デザイン性、座り心地の良さ両方を兼ね備えたチェアです。

 

◆ERCOL(アーコール)スクエアドロップリーフ ダイニング5点セット

英国/エルム&ビーチ材

テーブルサイズ:幅62・93・124 奥行き113 高さ72 (cm)

チェアサイズ :幅40 奥行き42 高さ85 座面高さ44(cm)

5点セット価格 :225,000 → 200,000 円(税別)

 

その他にも様々なダイニングセットをご用意しております。

お探しの方は是非、店頭でご覧下さい。

お待ちしております。

大阪店でも”Dining Fair”同時開催中!!

 

他店&姉妹店舗

・大阪本店

大阪市北区梅田2-2-22 HERBIS PLAZA ENT3F

Tel&Fax:06-6344-1944

Mail:am@antika.jp

営業時間:11〜20時

 

・英国Style+1

大阪市北区梅田2-2-22 HERBIS PLAZA ENT3F

Tel&Fax:06-4796-6006

Mail:am@antika.jp

営業時間:11〜20時

 

北欧.Style+1 ANTIKAとモダン.京都店
〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101LAQUE四条烏丸 3F
TEL/FAX:075-708-7331  E-Mail:la@antika.jp
営業時間 : 11時 ~ 21時
HP:WWW.ANTIKA.JP
shop blog:http://kyoto.antika-shop.com/

ドローリーフテーブルダイニング5点セットのご紹介

2015年04月24日 更新

今日は、機能性の高いドローリーフテーブルダイニング5点セット。

細部にこだわりを感じられるテーブルです。

IMG_8456

こだわりその1。

まず、天板の形状をご覧下さい。

IMG_8441

IMG_8451

両サイドが少しラウンドしたデザインにし、優しい印象です。

IMG_8443

もちろん拡張した状態でもきれいにラウンドに沿ってフラットに。

IMG_8444

 

こだわりその2。

IMG_8450 IMG_8449

拡張板のところまでチーク材の木目をつなげて揃えています。

突き板ならではワザです。

 

こだわりその3。

IMG_8452 IMG_8453

天板下の脚をつなぐ幕板にまでラウンド加工されています。

横から見たときのラインがきれいです。

ほとんど見えないところへのこだわり。感心させられます。

 

ダイニングチェアはこちら。

IMG_8514 IMG_8509

チェアの構造で、脚と脚を横につなぐ貫というパーツがあれば、より強度が増すのですが、

デザイン的にスッキリしないため、あえて付けない場合があります。

このチェアは貫が3本あり、構造的にもしっかり。

サイドの貫は極力細く、バックの貫は、中心部を細くしデザイン的にもよく考えられています。

IMG_8515

オリジナル生地の淡いグリーンのベロア。

見る角度によって色の変化があり、楽しめます。

濃いめのフレームとの相性もいいですね。

ウレタンもしっかり厚みもあり、コンディションも良好なので、このままご使用いただけます。

IMG_8507

◆ドローリーフテーブル ダイニング5点セット/デンマーク

テーブルサイズ:幅135・185・235 奥行き90 高さ74(cm)

チェアサイズ :幅50 奥行き48 奥行き80 座面高さ44(cm)

本体価格     :270,000円 → → → 230,000円(税別)

北欧.Style+1 ANTIKAとモダン.京都店
〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101LAQUE四条烏丸 3F
TEL/FAX:075-708-7331  E-Mail:la@antika.jp
営業時間 : 11時 ~ 21時
HP:WWW.ANTIKA.JP
shop blog:http://kyoto.antika-shop.com/

全てのニュースを見る